2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

草思社『円の支配者』読んだ人いる?

1 :名無しさん:01/11/30 03:06
しがないリーマンだけど、銀行が錬金術師だったてぇのわかった。
目から鱗が落ちた。

2 :名無しさん:01/11/30 03:09
( ´_ゝ`)ふーん

3 :名無しさん:01/12/01 03:07
やっぱこの板あほばっか。こんな本すら読んでない。

4 :名無しさん :01/12/01 03:56
しかし、政府の財政政策・民間の企業活動→経済全体のパイを増やさない。
中央銀行が紙幣を発行→経済全体のパイを増やす。
っていう根拠がアヤフヤじゃないですか?

5 :名無しさん:01/12/01 04:03
>>4
んんんん〜
いいとこついた。
でもワシは紙幣の量でなく信用創造の数値の問題のような気がした。
だれかうまく説明できるひときぼ〜〜〜〜ん。

6 :名無しさん:01/12/01 04:10
>>5
そうですね。紙幣の量ではなく信用創造の数値の問題でしたね。
どうも、あれを読んでいると、金融が経済を動かしているという金融マンと学者の妄想とも受け取れるんですよね。

7 :名無しさん:01/12/01 04:13
この本に
「紙幣を発行して、その資金で投機的目的以外の価値創造のための投資に用いられる限りインフレは起こらないのである」
という意味の文章はあったけど。

8 :名無しさん:01/12/01 04:13
ユダヤ支配と同じぐらい妄想

9 :いっそのこと:01/12/01 05:02
小説として出せばよかったんじゃないか、と思った。
  

10 :風呂三須:01/12/01 14:17
この話しを極論すると、モノを創造とカネの創造(信用創造)を秤にかけて、
カネの創造(信用創造)なくしては、いくら企業行動や政府活動(公共事業)をしてもただ民間と政府のシェアが変動するだけで、
経済全体のパイ拡大につながらず、したがって好況をもたらすにはカネの創造(信用創造)できる中央銀行の協力が不可欠である。
よって、好況・不況をコントロールしうるものは政府でも民間でもなく中央銀行だ!ということですね。
・・・こういう考えが世界に広がるととんでもないことになりそうなんですが?モノとカネで経済考えるとニワトリとタマゴの関係を論じるような学者くさい中身の薄い話しになりがちだと思いますが・・・
ちなみに、4=6=風呂三須です。どなたか、反論ヨロシク御願いします。

11 :& ◆0IBGRD6k :01/12/01 14:22
著者は頭の世界だけにいる学者です。

12 :名無しさん:01/12/02 00:28
age

13 :名無しさん:01/12/09 01:24
age

14 :名無しさん:01/12/09 01:54
これって、旧大蔵と、日銀との主導権争いの話じゃなかったっけ?

15 :名無しさん:01/12/09 05:10
経済板に、
この本に関する
長いスレッドがあった。

結局、
オカルト扱いという流れになった。

16 :風呂三須:01/12/09 12:34
どこ?

17 :    :01/12/09 12:45
ここのレポート読んで興味でたら買ってみるとか
https://www.dljdirect-sfg.co.jp/DLJJapan/V_VIL_Richard_01.html

18 :名無しさん:01/12/09 13:38
トンデモ本です。

19 :名無しさん:01/12/10 22:34
陰謀説の部分はたぶんトンデモ。

信用創造のところは間違ってない。
日銀が窓口規制を裏でやってたのは事実。
クレジットパラダイムの話が一般書に書かれたのは珍しいので評価。
経済学的内容に致命的な間違いはない。
(彼のリクイディティインデックスはダメみたいだけど)

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)