2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

理想のラーメン屋、「こんな店なら行ってみたい」

1 :理想くん:01/12/05 22:05
理想のラーメン屋を語るスレッドです。
なるべく以下の条件を満たして、
ラーメン店レポ風に書いて下さい。

1.味の傾向(スープ、麺、具)
2.店の所在地
3.蘊蓄(修行元、系統、店主のこだわり等)
4.その他(こんな客が居た等)

2 :弁護くん ◆.t4dJfuU :01/12/05 22:14
ハンドルに「くん」付けるの流行りですか?

自分は、覇隆がかなり理想に近いです。
(チャーシューさえ改善すれば…)
無化調、濃い口醤油、コシのある自家製麺って感じですかね。

このあと煽りくんが現れますが無視してください(藁

3 :理想くん:01/12/06 07:37
■ 不毛の北陸に突如あらわれた先鋭のラーメン屋 ■

 富山県をはじめ北陸にはウマいラーメン屋がないと言われている。
 特に石川県が発祥の8番らーめんが個人店の経営を成り立たなくしているのは事実だ。
 そんな北陸の片隅に、魚に惚れ込んだ男がラーメン屋を開いた。店の名は「きととや」。魚のスープを中心にしたラーメンの味と、富山弁の「きときと(新鮮な)」という言葉をかけあわせた店名だ。
 氷見線の氷見駅を降りて2分、氷見漁港からもすぐの場所にこの店はある、
主人の高岡 勇(いさむ)は東京の某有名店で3年の修業を積み、地元であるこの富山で店を開いた。
「旨い水と魚と空気、そして塩、味噌が北陸にはそろっとっさけ。」
 すっかり地元の訛りになった主人は野太い声で言う。

(つづく)

4 :理想くん:01/12/06 08:04
 さっそく、「きととやらーめん」を注文する。
 地元の製麺業者とは話にならないと自家製麺機械を導入し、開店を2ヶ月延ばし独自の麺を開発したという。
北海道産のハルユタカと氷見の隣にある石川県の宝達で作られている本葛をブレンドした腰と滑らかな喉越しを両立させた麺はスープに入れずとも、それだけで十分な旨さを持っている。
 その麺を意外な事に日本そばを茹でるような大きな釜に放り込み、茹でる。
 その間に、魚市場が開くと同時に仕込み始めた魚スープと、2日間炊き込んで白濁した豚骨スープ、さらにそのスープの仕上げに地鶏を丸ごと放り込み8時間煮込んだスープ。
そして日高昆布を60度の低温でじっくりと漬け込んだスープを3つの寸胴からドンブリへ注ぐ。
 タレは輪島産の浜塩に、福井県の醤油蔵から仕入れた生醤油を合わせ、みりん、立山の酒造蔵で仕入れた酒粕を入れ煮立てて濾し一週間寝かせたものを使う。
 このタレを合わせたスープに、竹ざるで茹で上げた麺を丁寧に入れる。
 具は当初チャーシューでいいかと合わせてみたがどうにも馴染まず、結果的にブリの皮と地鶏皮を揚げ炒めにしたものに塩をふったものをのせた。また薬味はネギではなく、辛み大根(だいこ)と呼ばれるものを使う。

(つづく)

5 :理想くん:01/12/06 08:14
 ラーメンと言うにはかなり異質な麺料理が目の前にあらわれた。地鶏の味玉は勿論半熟だが醤油ダレに殻ごと漬けられていて、まだらの模様になっている。切れ込みは入っているが割られていないのも変わっている。
黄身の味が濃厚すぎるので、スープに混ざらないようにとの配慮だ。
 いよいよスープを啜る。例えようの無い味が口の中で踊る。旨いのは間違いないが、ただ旨いのではない、踊るように旨い。
ブリのアラのスープから出る魚油にコラーゲンの成分が絶品なのだ。なのに魚臭さはない。動物系のスープも濃厚で魚のスープの足りない面を補っている。
そして昆布の出汁だ。最後の香味油はブリの皮と地鶏の皮を焼いた時にでたものにネギ、ショウガ、ニンニクを入れて仕上げたもので、この油の味も絶品。
 スープをひとすすりして味わった後に、理由はわからないが涙がこぼれてしまった。
 懐かしくもあり、新しくもあり、そしてこのひなびた港町で出会った衝撃。
 日本海の冬のはじまりの鈍色の空から雨のような雪が舞い散っている。
 そんな場所で、今、驚愕としか言えない味に出会ったのだ。
 そして麺をずずっといってみる。

(つづく)

6 :理想くん:01/12/06 08:27
 ハルユタカの腰は当然ながら、葛粉が入っているせいか、なめらかでモチモチとして喉越しは素晴らしい。絶品のスープにからみつく、甘みのある旨い麺。
 ここで店主はニヤリと笑って「うまいかいね?」と問う。
もはや口頭で返事をするのももどかしく、肯き、あとはひたすら食す。坂道を転げ落ちるように一気に食べ進んでしまう。
 店主は「あと、その麺には、富山のコシ(こしひかり)の粉がはいっとっさけ、甘いんよ。」と説明する。
 なるほど、魚に醤油なら米が合うのは当然だ。
 ここまで食べ進んで、ようやく味玉に箸を入れる。
 ただの半熟ではない、黄身は固ゆでではなのにかたまっている。まるで味噌漬けのような黄身だ。そして味が異常なまでに濃い。
 その味玉を絶品のスープで流し込もうとする。もはや歓喜としか言えない。

 そのまま一気にスープを飲み干し、やっと一息ついて我に返った。
 そして店主に、一言、「すばらしい!」と告げた。


「きととや」、不毛の北陸に薫風を送り込む名店である。


富山県氷見市氷見町港8012番地
0766-9-8812(民宿「しおかぜ」内)

7 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/06 08:49
長い。

8 :理想くん:01/12/06 09:07
はうあっ(泣)

9 :理想くん:01/12/06 09:35
だよ

10 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/06 11:40
架空の店か?

11 :理想くん:01/12/06 20:44
>>10
架空ですよ。

>>9
偽物だ。

12 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/06 20:45
食べるとチンコがビンビンになるラーメン屋

13 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/06 22:56
>>10
実在しているものと思われ。

14 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/07 04:30
>>3-6
架空でも旨そうだな…。

15 :理想くん:01/12/07 06:51
レスつかないなあ…。失敗か(泣)

16 :くんくん:01/12/07 15:03
>>1
(・∀・)つI コレデラメーンカッテコイ!!

17 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/08 07:27
age

18 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/08 08:54
理想は常にd太。本格派オーガニック。

19 :理想くん:01/12/09 00:15
誰かレスしてくれよー(泣)

20 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/09 12:21
しくしく(泣)

21 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/13 09:58
濃過ぎ町の免G
年に1回位逝きたくなる。
真っ黒な醤油ラーメン
富山の代表的な味。(いろんな意味で。)

22 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/19 01:16
すまん、地方板逝ってくれ

-------------- 終了  -------------------

23 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/23 15:04
理想工業のリソグラフ知らないだろうなー

24 :ラーメン大好き@名無しさん:01/12/23 15:15
プリントゴッコのことか?

というか>>22よ。お前、確信犯だろ。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)