2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三国志キャラの中国読み

1 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 12:15
どーでもいいことかもしれないけれど
前前から気になってはいたんですよ。

例えば毛沢東はマオツートンでしたっけ?
なんか、曹操はあんまりカッコよくなかったような気がするけど。
記憶あいまい。
誰か、有名キャラだけでもいいので知っている方教えて。

ところで、何故に中国人は日本語読みで、朝鮮人は現地読み?

 あと、一応調べたけど、もし見落としていて外出だったらすまん。 

2 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 12:17
趙雲子龍
チャオユンツ−ロン

3 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 12:24
アメリカの三国志サイトに飛べば?
凝ってるところだと漢字表記も併記してある。
両方読んでも、内容読むまで誰か分からないことも多いが・・・
または光栄の英語版三国志を手に入れて
顔で合わせて比較していけば一発!

4 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 12:29
呂布=「るーふー」だっけ?

5 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 12:30
やん・たいろん
やん・うぇんりー
さむそん・りー
りー・じょんぼむ
ちょん・みんちょる

6 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 12:32
じゃっきー・ちぇん

7 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 13:04
>>1
韓国・朝鮮人も10年以上前は日本語読みだったよ。
途中で、お互い現地語読みに代えたんじゃなかったかな。

キンダイチュウ→キムデジュン

8 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 13:08
中国では同じ字でも北京語や広東語では発音が全く違うので
発音にはルーズ。

一方、韓国では読みが統一されているので発音にうるさい。
と昔聞いた。

9 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 13:14
劉備=リウベイ 曹操=ツァオツァオ 孫権=スンチュエン
 関羽=グアンユゥ 張飛=ジャンフェイ 諸葛亮=ジューガーリャン
 魏延=ウェイイェン 毛沢東=マオザアドン
金正日(キムジョンイル)の漢語読みジンジェンリ 似ている 

10 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 13:18
http://www.frelax.com/sc/service/pinyin/
ここに行けば、入力した語のピンインを表示してくれて、
音声ファイルも作ってくれるよ。

11 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 19:18
>>10
漏れが持ってる三国志トランプの曹操の発音は
Tsao Tsao
だったが、ピンインでは
cao cao
だった。
どちらが正しいのだ?
北京語発音と広東語発音の違いなのかなぁ…

12 ::01/10/07 19:57
1だけど、みなさんありがと。

 ところで、10さんの教えてくれた所でいろいろやってみたんですが、
わからなかったのがひとつ

 香=Xiang  読めん・・・・・。サイアンg?

ていうか、ホンgじゃないのか? これでホンとは読まないと思うし。
漢字だから、いろんな読み方あるってことかな。日本でもそうだしね。

 ともかく、ありがと。
 引き続き、なんかあったら教えてね。

13 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 20:17
Xiangは耳で聞くと「シャン」て聞こえるよ。
昔「夜来香」で「イェライシャン」っていってる歌があった。

14 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 21:55
香港 xianggang シャンガン 難しいね。
>11 北京語でしかわからんけど曹操はcaocao 声調は2、1です。

15 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 22:00
ツァオツァオって、パンダみたいで可愛いよね。

16 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 22:04
表記はcaoなのに発音はツァオなんだよね。

17 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 22:08
毛沢東は「けさわひがし」です!

18 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 22:51
wo jue de caocao shi zai zhongguo zui weida de ren.

19 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/07 22:59
我覚得曹操是在中国最偉大的人。

合ってる?

20 :18:01/10/07 23:02
 ni xiede dui。

21 :11:01/10/08 03:41
三国演義トランプより
曹操 Tsao Tsao
治世之能臣乱世之奸雄

劉備 Liou Bey
惟賢惟徳寛厚仁義志扶漢室

孫権 Sun Chuan
虎距六郡挙賢任能威震江東

22 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/12 05:12
オモロイ、age。

23 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/13 00:06
>>21
他には?

24 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/13 01:23
ちなみに。張飛の字のこと。

益徳 も 翼徳 もピンイン(北京語のアルファベットの振り仮名みたいなもんだ)
で「Yi de」。声調も4・2なのだ。

口伝をまとめたのが演義だから、音が同じなのをもってきたんだろうね。
そこで、関「羽」・「雲」長
    趙「雲」・子「龍」
と一緒に、「空を飛ぶイメージ」で統一したんだろう、きっと。

羅貫中がまとめるまでに、翼でイメージが統一されたんじゃないかな。
(元代までの講釈師がどれだけの識字率だったのかしらんが。)

25 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/13 01:32
もうすこし、おまけ。

>>1
どーでもいいことではないと思いますよ。中国人の文章を日本人が
日本語で読むのは、危険。文学作品の解釈の誤りの元なんだよ。

それと。
中国と日本は、「自分の国の読み方で名前を読みましょう」って約束。
韓国と日本は、「相手の国の読み方で名前を読みましょう」なのだ。
だから、

織田信長の場合、
中国では…「Shi tian Xin chang」(シーティエン シンチャン)
韓国では…「Oda Nobunaga」
となるわけ。

>>21
トランプ、どこで買ったの?瑠璃廠?(藁

26 :21:01/10/13 01:55
字っつーと、いみなと掛け合わせて名付けられるのが多いらしいね。
諸葛亮のいみなの亮は「明るい」って意味で、字の孔明は「より明るい」って意味で
いみ名と字がそれぞれ対応してるしなぁ。
あと、これは結構が知られてますが、自分が何番目に生まれたっていうのを表すのにも
使われるようですね。
長男・伯(孟)、次男・仲、三男・叔常、四男・季、五男・幼ってな感じでしたっけ?
馬氏の五常はこの例で字が付けられてますね。

>>25
香港の雑貨屋で買いました。
微妙にマイナーな武将とかが載ってて結構見てるだけで楽しいです。
つーか、瑠璃廠って何ですか?分らん…

27 :24・25:01/10/13 02:09
瑠璃廠=北京の雑貨や土産や民芸品を売っている町のこと。
はじめて北京に行ったら、かならずそこで、お土産を買う
ところですわ。漏れは水滸伝トランプ買った気がするが、
あれはどこへ…。

字のこと、なるほど。。。いみ名との対応かあ〜。
勉強になるな。
そうすると、曹操・馬超・キョウイが長男で、伯(孟)の文字が
つくのか。納得、満足。

28 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/13 03:16
>>11>>21
曹操 Tsao Tsao
劉備 Liou Bey
孫権 Sun Chuan …

実際読み上げると北京語くさいけど、綴りがピンインと違うね。
北京語のローマ字表記法はピンインだけじゃないから
(ウェード式とか注音II、etc…)別の表記法かも。
綴りからして広東語ではないとおもう。

29 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/13 03:59
>>26
伯仲叔季顕恵雅幼
司馬八達は↑じゃなかったっけ?

30 :21:01/10/13 04:22
>>27
瑠璃廠=北京の雑貨や土産や民芸品を売っている町。
なるほど〜、サンクスコ。
一度、大陸に中国史巡りの旅してみたいねぇ。マジで
>>28
北京語のローマ字表記って色々あるんね…
このトランプを眺める度に、ついついトランプの中国読みで
ブツブツ呟いてしまう自分がチョットキモいっす
>>29
字についてはアンマリ詳しくないんだが、一概に>>26で言った法則には
当てはまらないみたい。
字を見てみると、どの辺からこんな字になったのかなぁ…と思う武将もいますしね。
そういえば、「孟」って字は長男を表すと同時に、一族の長を表す事もあるそうです。
つまり、曹孟と呼ぶ事で、曹一族の長を指す意味も含めるそうです。
その例を考えて、司馬八達の字を当てはめて見ると、「幼」は末子を
表す字なんでしょうかねぇ…?
顕恵雅については、私も全然分らないです。
誰かご存知の方はぜひ教えて貰いたいですね。

31 :徐晃公明は:01/10/13 04:38
xu2 huang3/huang4 gong1 ming2 だって。
シュハンゴンミン?

32 :27:01/10/13 08:24
>>28
ちなみに。
劉備 玄徳 =Liu bei Xuan de リウベイ・シエンドゥ
孫権 仲謀 =Sun quan Zhong mo スンチュエン・ジョンモー
阿斗=A dou  アードウ
(蜀の皇帝劉禅の幼名。無能で有名、後世無能者の意に用いる)By現代中国語辞典

カタカナ、苦しい…。

>>30
「幼」って文字が末子を意味するってのは2chのどっかで読んだ気がします。

>>31
おおむね通じるよ。
シューフアン・ゴンミン  って感じで、中国人になりきった気分でGO!

33 :32:01/10/13 08:34
もひとつおまけ。

何かの本で、曹植に「そうち」ってルビがふってあって、
なんだか気持ち悪い読み方だなあとか思ってたんだけど、
中国語勉強したら、
「植」=zhi ヂー という読みだと分かった。
けっこう、本場を意識したルビだったんだね。

だから、夏侯惇もピンインだと
「Xia hou dun」シア ホウ ドゥン
だから、
「カコウジュン」でなく「カコウトン」のほうが本格派なんだね。

34 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/13 13:25
age

35 : :01/10/24 07:43


36 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/25 01:46
まだあったのか・・・

37 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/25 02:43
たんぐぉちゃん

38 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/25 02:45
たおぱいぱい

39 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/25 12:26
黄忠=「ピカチュウ」

40 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/25 12:59
水をさすようで悪いけど、
漢字ってローマ字やひらがなみたいな表音文字じゃないから、
昔の読み方は正確にはわからないそうだよ
発音はだんだん変化していくからね
日本語だったら、仮名で書かれているのを読めば、当時の発音がわかるけど

41 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/25 22:53
北京語よりは広東語の方が昔の発音に近いんだっけ?

42 :無名武将@お腹せっぷく:01/10/26 22:42
知ったかモードになります。長くてでゴメン。
>>40
発音は変化しています。
現代中国語のE音、(「イ」でも「ウ」でもないビミョ〜な音なので
日本人は「アイマイ音」と勝手に呼んでいます。)
宋代以降に完成した音と言われています。現代中国語と古代中国語の音声は
まったく違っていたことが推測されます。

>>41
広東語と北京語は別のものと受け止めていいでしょう。欧州全土に匹敵する中国
の国土を、始皇帝が統一してしまったので、中国は一つの国家となりました。
欧州では、このような統一国家が完成しなかったので、
英語・仏語・独語・スペイン語・ポルトガル語などと国家単位で言語が生成されました。

こんな比較をしてみれば、中国の各地域に残された統一前の各地方独特の言語が
中央政府の目の届かないところで育成(または保存)されたと考えられます。

現在、上海市内の街角で「説普通話」(標準語<北京語>を話そう!)なんて看板が
見られます。言語の統一は、今もって完成していないといえますね。
標準語<北京語>が、中央政府にむりにねじ曲げられて完成形とした言語、と
受け止めれば、あなたの説は正しい、といえるでしょう。

とはいえ、中国語の文章ですから、現代中国語で発音するのも一興とも思いますね。

43 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/08 00:14
久しぶり。まだあったのか。

44 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/12 01:00
だいぶ、字論争落ち着いて、ネタスレも下がって地味になりました。
あと、正史派VS演義派の対立も見かけなくなりました。

2chも平和になりました。

秋の夜長、のんびり原文の翻訳に励みましょう。
自分の解釈で訳しましょう。「ちくま」に頼ってはいけません。

==以上、完了==

45 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/12 01:01
メン単品三色イーペードラドラ

46 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/12 01:21
面前自摸 1翻 〔Mian qian zi mo〕
断一九  1翻 〔Duan yao jiu〕
三色同順 2翻 〔San se tong shun〕
一盃口  1翻 〔Yi pei kou〕
(ドラは中国語じゃないな・・・)

これでいいかな?

47 :46:01/11/12 01:22
平和 1翻 〔Ping he〕

が抜けたよ。。。
スマソ 

48 :45:01/11/12 01:24
>>46-47
わざわざどうも。

49 :46,47:01/11/12 01:27
>>48
どういたしまして。

50 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 12:54
ageとこうとオム

51 :24=46:01/11/18 16:37
>>26

お久しぶりです。お元気ですか?

いみなと字の関係で思い出すことがありましたので。

>字っつーと、いみなと掛け合わせて名付けられるのが多いらしいね。
>>26より)

諸葛瑾 子瑜
周 瑜 公瑾

瑾瑜(jin yu)って語句もありました。「美しい宝玉」って意味でした。

52 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/18 16:56
>>51
興味深いな。
俺的には陸雲子龍が気になる。

53 :51:01/11/18 17:04
>>52

>>24に一応書いてありますので、そちらをご参照ください。

54 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/18 17:22
>>52
陸雲は士龍だぞ

55 :53:01/11/18 17:33
士…昔、読書人・インテリを指した。人に対する尊称。
子…昔、道徳や学問を備えた人をさした。
  昔、師をさした。

陸雲と趙雲勘違いしました。しかし、雲+龍の関連は共通点が
ありそうですね。

今回は、士と子も調べてみました。ニュアンスは、
士…学識が高い立派な人物
子…人柄が良い立派な人物
ってかんじかな?

>>54
ご助言ありがとう。

56 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/19 01:33
日曜の夜は、三国志マジ<三国志ネタ<戦国ネタ<戦国マジ
の割合みたいだな。

星でも見に行ってるのかな?(諸葛亮気分で。)

試しに、ageてみよう・・・

57 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/19 01:47
1〜4声までの発音法書いてよ

58 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/19 02:02
第一声 高くまっすぐ
     日本語で、話し始めの「えーーっと」の「えー」のように
第二声 しり上がり
     日本語で、聞き返す時の「はぁ?」のように。
第三声 低く、下に下がるように
     日本語で、「はぁ〜」とため息をつくようなイメージ
第四声 高いところから低いところへ
     日本語で?からすの「かぁ」って感じ。

記号は、1から順に − / v \
が、母音字の上につきます。
文章では判りづらいんだけどね。

モニタの前に座ってボーっと眺めてるだけじゃなくって、
必ず声に出して読んでね!!!

59 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/22 06:37
結構面白いスレですね。
後漢末三国時代は上古音の発音なんで、かなり変貌した現代中国語発音よりも
我々日本語の漢字発音の方が、当時の時代発音に近いですよ。
日本語の漢字発音は中古音(隋唐代)の流れで定着した発音が、ほぼ変貌せずに残った
珍しい言語的化石みたいな物ですし。

わざわざ現在中国語で英雄たちの人名を呼ばなくても良いと思いますよ。
後漢三国時代の人物たちにとってもそれが最も違和感のある呼び方ですしね。

60 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/22 09:34
>>59

はい、多少のことは存じ上げております。
「フクツキチ」とかね。
(入声の見分け方です。)

ただ、私見なんですが、「ちくま」の翻訳を重視、演義を蔑視する
風潮が多少ありましたので。それがちょっといやだったのです。

一番重要なことは、中国人が書いた中国語の文章を日本人が論じるのに、
日本語で発想するってことです。
英米文学にしろ、他の外国文学にしろ、翻訳本をもとに議論が発せられる
ってことは、ありませんよね?

だから、1800年前の音声とはかけ離れたピンインにこだわってしまうんです。

61 :53・58:01/11/22 09:40
それと…、おまけ。

三…san (サン)
国…guo (グオ)
志…zhi (ジィー)

カタカナってつらいよ…。

国の字、もともとは「コク」って発したらしいです。
「サンコクジィ」ってのが当時の音声表現に近いかもね???

62 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/23 00:54
そういえば、中華の文化って中央ほど早く廃れ、辺境ほど長く保存されるらしい。
漢字が伝わった時代の中国読みが日本語の音読みとすると、
実は日本の漢字の音読みって、当時の中国の発音がそのまま保存されていたもので
現代の中国語より、昔の発音に近いんじゃないかなぁと思ったりして…
文字を輸入したのって、いつの時代だっけ?

63 :53/58/61にして24とかも:01/11/23 01:52
>>62
そうですね。
上記の「フクツキチ」なんか、その最たる例なんですよ。

漢詩を勉強するにあたって、
平声 (>>58でいう、第一声と第二声、○で表記)
上声 (第三声、●で表記)
去声 (第四声、●で表記)
入声 (その他、●で表記、現代中国語では認識できない)

っていうのを考えながら韻を踏むんです。
で、その入声を探す方法が、日本語で(しかも古語で)振り仮名を振って、
「フ・ク・ツ・キ・チ」が入るものなんです。

>>61で紹介した三国志の国、第二声なんですが、「コク」なので、入声となります。

64 :53/58/61にして24とかも:01/11/23 01:59
>>63のつづき

漢詩で見ると…

白髪三千丈
●●○○●

となります。
白髪が三千丈になるほど年をとる、なんて解釈しますが、
「三千」の根拠は、○○で長さを表記しなければ、詩として
成立しないからなんですね。漢数字で○にできるのは、
三と千しかないんです。
そして、最初の「白」と「髪」。
「ハク」「ハツ」となるので、入声、つまり●になるんです。
これで、漢詩として美しい音声表現が(昔々は)出来たようです。

65 :53/58/61にして24とかも:01/11/23 02:01
そして話は元に戻って…

>>62

日本に漢字が入ってきたのは、仏教伝来がきっかけじゃない?
聖徳太子だかその前ぐらい…。

66 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/23 02:08
んじゃ、隋朝の辺りですかね。
三国時代と隋朝辺りで中国語の発音ってどう違ったんだろうねぇ。

67 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/23 02:23
う〜ん、そこまでは判らないですなあ。

参考になるか判らないけど。。。

「現代」
中国語…Xian dai(シェン・ダイ)
韓国語…Hyun dai(ヒュン・ダイ)
日本語…Gen dai(ゲン・ダイ)

コリア半島経由で漢字が日本に入ってきたのでしたら、ワンクッション
置いた音声になっていたかもしれないですしね。
(代の読み方が三国ともほぼ同じなのがもっと不思議なのだが)

それと、>>63-64の追加

現代中国人でも理解できない古典作品の音声の秘密は、実は
日本語を知らないと把握できないってことが言いたかったんです。

長くなってゴメンね。

68 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/23 02:42
シャコウダン

69 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/23 16:51
孫尚香タンはスン・シャンシャンでよろしいか?

70 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/24 00:40
孫尚香
Sun shang xiang
(スン・シャンシァン)

>>69 >孫尚香タンはスン・シャンシャンでよろしいか?

よろしいアル

71 :70:01/11/24 04:58
>>68
夏侯惇のことですか?

>>33参照

72 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/26 16:57
陸遜・伯言は
ルースン・バイヤン?よくわからん…

73 :エノキ:01/11/26 17:11
 >>67
韓国語は、「Hyun dai(ヒュン・ダイ) 」ではなく
       Hyun dae(ヒュン・デ)」ではないかな。
 「ヒュンダイ」は企業の自称に過ぎぬと思う。 

74 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/26 19:41
>>73
そうなのか!
韓国語の素養がまったくなかったなので、いいかげんなことを書いてしまいました。
企業名=固有名詞でしたね。

そういえば、中国語の辞書にも、「人名」「地名」でしか使われない文字・読み
って結構ありましたね。

ありがとうございました。

75 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/26 23:42
>>72
陸遜 Lu xun [ルー・シン]
伯言 bo yan [ボー・イエン]

偶然ですが、陸遜の読みが、魯迅とほぼ同じでした。
(陸は第四声、魯は第三声の違いだけでした。)

76 :72:01/11/27 15:46
は。全然違った(苦笑)
アリガトウゴザイマス。

77 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/29 00:26
どういたしまして。
お好きなキャラクターを記入して頂けば、
調べますよ〜

78 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/29 02:16
全レス読んで驚いた。
けっこう発音って似てるんだね。
もっとかけ離れてるもんだと勝手に思ってた。
>77さん
司馬懿(仲達)を教えてもらえないでしょうか?
もしよかったら、曹丕と袁紹の二人も。

79 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/29 17:10
いいスレだ。あげる。

80 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/30 00:24
>>78
司馬懿 仲達 Si ma yi zhong da (スー・マー・イー・ジョン・ダー)
曹丕  子桓 Cao pi zi huan (ツァオ・ピー・ズー・ファン)
袁紹 本初 Yuan shao ben chu (ユアン・シャオ・ベン・チュー)

調べていたら、面白いものがあったので。。。
>司馬[Sima]姓。(〜之心、路人皆知矣)[成語]野心家の陰謀は、道行く人が
          みな知っている。;《三国志・魏書・高貴卿公傳》に、魏の
          将軍司馬昭が王位を狙い、これを誰もが知っているという
          ところから出た。

>仲[zhong] 1,兄弟の長幼の順序。「伯・仲・叔・季」の2番目。
       (仲兄)2番目の兄。

81 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/30 00:41
>>80の続き

司馬懿の「懿」…(品性・行いが)すばらしい。
曹丕 の「丕」…大きい・[〜業]大業。
袁紹 の「紹」…受け継ぐ、続ける。

こんな意味の名前でした。袁紹、御曹司っぽい名前だネエ。

あと、「仲」には、中国語では「仲裁」て意味合いで、「人と人との間」
って意味はあったけど、「仲間」っていう意味はありません。
それをいうなら「朋友」。

82 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/30 00:49
>80さん、ありがとうございます。
勉強になりました。

83 :27とか51とか77とか88とか:01/11/30 00:50
おれの名前入れるの忘れた・・・

84 :27とか51とか77とか80とか:01/11/30 00:52
>>82
どういたしまして。こちらこそ、調べて勉強になってます。

>>83
まだ88まで行ってない…。トホホ…。

85 :エノキ:01/11/30 13:42
 金大中  きんだいちゅう(日)
 金大中  Jin Da zhong(中)
金大中  Kim Dae jung(韓)

86 :24とか以下略(笑):01/11/30 20:26
>>85
韓国語にも詳しいようですね。
韓国では、三国志の人気ってどうなのですか?

87 :エノキ cypress.u-gakugei.ac.jp:01/12/01 15:23
>>86
 日本ほどではないにしても、そこそこ知名度あるうというレベル。

88 :24とか以下略(笑):01/12/01 23:49
>>87
サンクス。
そしたら、読み方の三国比較もお願い。
諸葛亮(日)ショカツリョウ
諸葛亮(中)Zhu ge Liang
諸葛亮(韓)=???

89 :24とか以下略(笑):01/12/04 23:19
エノキさん、

90 :24とか以下略(笑):01/12/04 23:20
エノキさん、ときメモ3買いに行ったきり…。

91 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/04 23:57
>81

司馬「懿」 仲「達」‥優秀な、すぐれた
曹「丕」 子「桓」‥軍門に立てる木(征服?)

名と字の対応って面白いね。
エンショウの字の意味 ちょっとわからん

92 :24とか以下略(笑) :01/12/05 00:36
本=第1義として、「木の根っこ」という意味の字です。ここから、「根源」
  「大本」という意味が派生し、さらに、多くのニュアンスを含む文字に
  なりました。

初=最初、という意味です。そこから、「元来のもの」という意味が生まれました。
  「初志貫徹」といえば、途中からの情報・状況に惑わされることもなく、
  「元来の」意志を貫き通す、となります。

この二つあわせていますので、「原点」「基(もとい)」って意味あいでしょう。
きっと。

紹+本初で、「(先祖の築き上げた偉大な業績=栄華の基礎を、)受け継ぐ」
って感じかな?               ↑この辺が本初

93 :24とか以下略(笑) :01/12/05 00:40
ずれた。。。

94 :91:01/12/05 00:54
>92
なるほど!ちゃんと名に対応してるんだね、ありがとう。
しかし ほんと坊ちゃん坊ちゃんしてるなエンショウって。

95 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/05 03:55
周瑜公瑾も珠つながりでいかにも美形っぽい。

96 :24とか以下略(笑) :01/12/06 00:56
>>95

>>51参照してみてください。

97 :24:01/12/06 01:28
あとさ。。。

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」ってありますね。。。

走=Zou
1、歩く
2、移動する・動く
3、出かける・出発する
4、経過する
5、元の形がなくなる(洋服の型が崩れたり、とか)
6、交際する・付き合う
7、古くは、[足包]Pao〈走ること〉を意味した

7、から派生した言葉=「走狗」
よく働く犬=転じて⇒人に養われ、悪事を助ける人
これぐらいしか、「走」(中国語)=「走る」〈日本語)に
ならないんです。

司馬懿仲達がダッシュしたり、馬に飛び乗る姿を想像しちゃ、
だめだYO!
「死んだ(動かない)孔明が、生きている仲達を退却させた(動かした)」
って捉えてくださいね。。。
(死んで動かなくなっても、敵まで動かす孔明がエライって感じ)

98 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/06 01:34
http://www.sex-jp.net/dh/04/

99 :24とか以下略(笑) :01/12/07 01:06
>>98
三国志だけじゃなく、削除依頼も勉強しろって意味ですかね?

100 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/07 01:12
>>97
「仲達を走らす」の場合は、もともと古代漢語であって
現代中国語(北京語)ではないから、
7番目の「走る」で良いのではないですか?

あるいは、古語では「去る」という意味もあるようなので、
そっちのほうが合っているかもしれません。
(四川人民出版社「簡明古漢語字典」を見てみました)

101 :24とか以下略(笑) :01/12/07 01:55
>>100
なるほど。

場面にもよりますが、「この場から離れましょう」の意味合いで人に
移動を促す言葉「行くぞ」「行こうよ」「ニゲロ!」などは、
走・去を使いますね。

…ただ、ピンとこないんです。
仲達が走る??逃げたんダロ??撤退したってことを示してるんダロ??
って読んでしまっています。

まったくの現代語を読む(話す)ための辞書しか使っていません。
(漢文の授業で出てくる文章は訳せる場合もおおいんですが。。。)
古漢語向けの字典も必要ですね。。。

102 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/08 15:10
走るは逃げるで高校の時に習った様な気がする…

103 :楊雄 ◆zA1iYang :01/12/16 02:54
万引きしたときにニゲロ!って仲間に叫ぶときは、
走ロ巴!って叫びますね。

104 :24とか以下略にして、楊雄 ◆zA1iYang :01/12/16 02:55
名前そのままだった。。。
気にしないでね(笑)

105 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/23 23:32
定期age

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)