2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吉川三国志ってどーよ

1 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 19:21
吉川ばんざーい

2 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 19:33
結論出ちゃったね。

3 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 19:37
みなさんはどー思われますかってことだ

4 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 19:39
いや、1のレスがこれじゃぁ‥‥たぶん‥‥

5 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 19:41
どーゆータッチ?

6 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 20:01
名作

マジレスしちった

7 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 20:37
初心者でもわかりやすいよね

8 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/18 21:07
演義ベースだからといって曹操を通り一遍の
悪役に描いていないのがすばらしい。

「蒼天」の曹操もかっこいいけど、吉川三国志の曹操も一見の価値あり!
(文庫版1〜3巻とかだけでも拾い読みを薦めたい)

9 :前スレが悲惨な終わり方をしたので:01/12/19 01:47
1 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/19(月) 21:03
横山三国志はあっても
こっちはないので立ててみたヨ。
同じ武将が三回ぐらい死んでるとかいう
おもしろポインツを指摘するもよし
ただ誉めるもよし。
類似スレあったらsageてくれ。

2 名前:ななしじゃ 投稿日:2001/02/19(月) 21:16
やっぱり禰衡だろうな。あれほど面白く描写しているのは
他にはないぞ。
それにしても、禰衡・・しらみをふりこぼさないでくれ。

3 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/19(月) 21:22
吉川版三国志ならではのシーンてどこだろう

4 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/19(月) 23:44
>>3 殿
やっぱり冒頭、劉備が川の流れを見ているシーンでしょう。
もう読んだのはずいぶん昔なんで、ディテールは忘れてしまったけど、
桃園結義のシーンも大好きです。
追伸:
「吉川三国志について」@世界史板
(もう発言すると板違いだって怒られると思うので見るだけ見るだけ)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=whis&key=973299337

5 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/19(月) 23:47
北伐の時の孔明も哀感があって良い。

10 :前スレが悲惨な終わり方をしたので:01/12/19 01:47
6 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/19(月) 23:54
高校受験を直前にして、吉川三国志にはまった私・・・。
受験勉強そっちのけで図書館に通いつめてたら、
「受験が終わるまで図書館出入り禁止令」が出てしまった。
大人になって本屋を巡っても見つからず、古本屋へ行けば、
「吉川三国志は出ないねー」と言われ、途方にくれていたところに、
単行本が出てくれて、本当に嬉しかった・・・。

7 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/20(火) 16:33
 戦闘の描写にも、ところどころ呑気な雰囲気が漂う。
 けどそれがいいのさ。実際そんな感じだったんじゃないかな……
 蒼天航路も面白いが、あんなテンション高いものではなかったろうて。

8 名前:無名武将@4 投稿日:2001/02/21(水) 18:15
>>7さん
呂布vs.曹操戦で呂布が「おーい、取って返して勝負せよ」とか言って
敗走する曹操を追っかけてるシーン、ありましたっけ?
あと、青年曹操(とその陣営)の描写がすごく魅力的ですねー。
最近の某漫画同様、なぜか主役じゃない方の側に惹かれるのはなぜだろう(笑)
・許[ネ者]が曹操の配下になるくだり
 笑いながら「曹操将軍がここを治めてくれるならもう村人を守って戦わなくても
 安心です。どうか首を刎ねてください」
・呂布vs.曹操のエン州攻防戦のくだり
・焼け野原の洛陽に戻った献帝を迎えに行く曹操軍のくだり
・董卓追撃戦に敗れて逃げ帰った夜・・・
「乱世の奸雄とまでは行かなくとも、必ず天下の一雄になって見せる」
・・・というわけで、これらは1〜2巻の名シーン。
(ずいぶん前の記憶なので覚え違いがあったらごめんなさいね)

11 :前スレが悲惨な終わり方をしたので:01/12/19 01:48
10 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/22(木) 12:57
新聞連載時期がちょうど太平洋戦争真っ只中だったとか。

11 名前:原典へ帰れ! 投稿日:2001/02/23(金) 04:35
はっきり言ってダメ。面白くない。劉備とか曹操とかスケール小さすぎ。
北方謙三とか他もみんなダメ。趣がないの。趣が。<読める?オ・モ・ム・キ。
直訳が一番オモロイね。なんで日本の歴史小説家はみんなへたくそなのかなあ。
司馬遼太郎とかみイマイチやし・・・とゆーことで塩野七生に取り敢えず期待。

12 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/23(金) 04:36
>>9
途中で挫折した奴も、その場面だけは覚えてるのな。

13 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/23(金) 05:06
吉川なら劉備崩御のときだなぁ。
あの孔明の描写には涙がぽろぽろだったな。

14 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/23(金) 05:14
>>11
そういうお前には知性を感じないよ。

15 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/02/23(金) 07:31
>>14
煽りは無視ってことで。

12 :前スレが悲惨な終わり方をしたので:01/12/19 01:49
16 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/12(月) 00:04
文体が漢文読み下しっぽい感じ入っててすき。

17 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/12(月) 00:34
志がほにゃなら・・・なら、同志も同志ではない!

18 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/12(月) 01:36
長いせりふがかっこいい!

19 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/12(月) 01:37
事を謀るは人にあり、事を成すは天にあり。
ああ、是非も無い哉!

20 名前:替歌入道 投稿日:2001/03/12(月) 02:04
止んぬる哉、昔買ったのが散逸して2冊ぐらいしか残ってない。
また読みたくなった…ああ…古本屋で全巻買って来よう…。

21 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/12(月) 02:27
つい先日、2回目を読み終わった。
ホントに味があるね。
確かに漢文書き下しっぽいところが、名文って感じがする。
ちょっとクドイと思う事もあるけど。
好きな場面やツッコミを挙げればきりがないが……
とりあえず、
・黄河を眺める劉備
・白門楼の曹操と陳宮
・李恢に説得される馬超
・誉められて恥ずかしくなり、隠れてしまった許チョを見て
「可愛いやつじゃ」と笑う曹操
・いいひと魯粛
あたりが、好きだなあ。

13 :前スレが悲惨な終わり方をしたので:01/12/19 01:50
22 名前:代打名無し 投稿日:2001/03/13(火) 00:28
>>10
新書太閤記なんかは天皇マンセー!な書き方だからね。
(信長は勤皇の志があったから天下統一の覇業をはじめられたとかな)
だから戦後に代々木な連中に戦犯として糾弾されたこともあったぞと。

23 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/13(火) 00:51
劉備追撃、流星槌、木門道。あぁ、張コウ・・
どれがホント?やはり木門かなぁ?

24 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/13(火) 01:02
>>11
自称「俺は吉川より上」ドキュソなんてほっとけ。

25 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/13(火) 20:11
左慈のくだりにはおもわず笑わずにはいられないよ。
400〜500の左慈が首のないまま一刻も踊ってるなんて・・・
見てぇ〜と思いませんでした

26 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/18(日) 00:55
age

27 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/03/18(日) 02:26
吉川三国志を読んでいた高校時代。
くちぐせが「ああ、やんぬるかな」だった。懐かしくも痛いおもいひで。

14 :前スレが悲惨な終わり方をしたので:01/12/19 01:50
29 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/04(水) 01:44
「咄、乳臭児」

30 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/04(水) 02:25
黄口児age

31 名前:荀文若 投稿日:2001/04/04(水) 14:05
今、単福が出てきたあたり(4巻の半分あたり)を読んでる。
ここらへんまでで十分、玄徳の狡賢さにちょっと萎え。
でも軍師の重要さを理解するあたりで、孔明・ホウ統が
出てくるので頑張って読むナリ。

32 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/05(木) 00:24
>31
>ここらへんまでで十分、玄徳の狡賢さにちょっと萎え。
それはアナタの前知識と言うか、思い込みがそうさせてるだけ。
吉川三国志だけ読んで劉備を狡猾だと思う人間は少数だろう。
まあこう言うと「俺って特殊」みたいに、自分は最初から狡猾だと思ってた
とか言う知ったかぶりが現われそうだけど。

33 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/06(金) 19:06
ジョナンで劉備軍が再開したときの
「これからだっ、これからだっ!」
で、マジに泣いたよ。

15 :前スレ転載:01/12/19 01:51
34 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/06(金) 23:47
玄徳と曹操が逝くところはよかった
あと孔明も

35 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/07(土) 01:18
っつーか吉川三国志はとにかく泣かせてくれる。やっぱり吉川たん素晴らしい…

36 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/07(土) 01:31
>>33
激しく同意。
やっぱり「物語としての」三国志の主人公は劉備一党だよなあ。

37 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/09(月) 07:39
吉川英治さいこー
「三国志」全巻買って、おもわず3回も読んじゃったよ。
三国志は、陳舜臣もよいが、やはり吉川でしょう。

38 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/17(火) 14:01
 最近、読み始めて、今二巻を読み終わったところだけど、張飛がウザイなー。
張飛が玄徳の立場&意志にお構い無しに暴走しっぱなしだから、呂布と徐州の
奪い合いをしていても、つい呂布の方に肩入れしてしまう(汗。
 あと、曹操が実力者として台頭していく過程がさっぱり浮かばないのが不満。
結構ボロクソに負けて半死半生の目に何度も合ってるのに、いつの間にか勢力
復活してる、みたいな展開なので、今一カリスマが感じられない…。
 横山・三国志の方がバランスはいいのかなぁ?

16 :前スレ転載:01/12/19 01:52
39 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/17(火) 23:10
冒頭のシーン、建寧元年にリュウビ24歳って
計算合わなくない?

40 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/20(金) 00:59
建寧元年って、168年か。
そして、中平元年が黄巾の乱でしょ。
冒頭から、茶を買って黄巾賊に襲われるまで
数年を経過しているということは無いから、10年以上ずれてるね。
最初の一行から違ってたのか。(笑
せめて中平元年で始まってれば、よかったのに。

41 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/30(月) 05:10
age.

42 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/04/30(月) 06:16
三国志演義を読み終えたので、今は吉川三国志を読んでる。
関羽が曹幕から脱出する時、曹操がやけに女々しい。(笑)

43 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/02(水) 23:21
>>42
曹操ファンとしてはもうちょっとしっかりしてよって
言いたい場面でしたね(笑)
でも、玄徳が徐庶追いかける場面よりはマシかな。

44 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/02(水) 23:34
曹操が昼寝中、許楮が曹仁を部屋にいれない場面が好きだ

45 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/03(木) 07:00
カクが手紙を破るシーンに萌え。

17 :前スレ転載:01/12/19 01:52
46 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/05(土) 08:01
略文:劉備が馬元義から逃げて捕まったシーン
張飛「小方、小方、殺してはいけません。」
李朱氾「誰の命令だ!」
張飛「卒の張飛の命令です。」
李朱氾「馬鹿!張飛は貴様自身じゃないか。卒の分際で。」
斬られる李朱氾。
ここ笑うところだろ?

47 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/05(土) 18:46
吉川>柴錬

48 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/05(土) 23:55
>46
頼もしい張飛に萌える場面。

49 名前:劉備 投稿日:2001/05/06(日) 00:26
ああ、あの木を切ってしまいたい。
(WHY?)
徐庶を見えなくしてるから。
(・・・・。)

50 名前:46 投稿日:2001/05/06(日) 00:39
>38 張飛うざい
いや、俺的に張飛は笑いを取る存在。キレンジャーみたいなもんか?
張飛出てくると、どう藁かしてくれるか楽しみだったよ。
ボロボロの董卓軍助けた時、董卓の態度の豹変に張飛が大泣きするあたり
愛らしさに溢れてない?

51 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/06(日) 02:01
張〔合β〕が3度死ぬのは有名だが
〔赤β〕昭も2度死んでいる。

18 :前スレ転載:01/12/19 01:55
52 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/06(日) 02:09
三顧の礼で孔明を迎えた玄徳は、朝も夜も孔明と一緒
でした。 寝室も共にしました。
って書いてあるのをどっかで見たけど・・・ホモ?

53 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/06(日) 03:35
>>4
劉備登場のシーンって何か読んでるだけで
絵がエライ鮮明に浮かんできますよね。

54 名前:大耳 投稿日:2001/05/06(日) 16:31
「曹家であらずば人にあらず」(吉川が好きそうなフレーズだ)

55 名前:半兵衛 投稿日:2001/05/06(日) 16:38
>>50
『森のクマさん』ですね。(意味不明)

56 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/06(日) 21:49
吉川三国志は甘いと思ってたけど、渡辺精一氏訳の三国志呼んだら、三国志を描くって難しいなだなあと思い、吉川氏を見直した。

57 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/06(日) 22:30
>>56
スタンダードになり得るってことは
思っているよりも凄いということだな

19 :前スレ転載:01/12/19 01:55
58 名前:38 投稿日:2001/05/08(火) 00:33
>>32
 31 ではないが、4巻くらいまで読むと、劉備が義の人、と感じられるのは
徐州の陶謙を助けに行く辺りまでだと思う。その後は、か〜なり無責任な人物
として描かれてる気がする。
 呂布と行き違いはあったとは言え、袁術に攻められたのを助けてもらった
りもしてるのに、曹操と呂布と協力して袁術攻めしてる最中に裏で呂布抹殺
を相談したり、それがバレて呂布に問いつめられても曹操の陰謀と嘘付いて
トンズラしちゃうし…。
 曹操配下になった後、董承の打倒曹操に同意しておきながら、一人だけ
都から逃げ出してしまうし…。
 袁紹の元に逃げ込んだ後も、義弟の関羽が顔良、文醜を斬ったとならば、
殺されてもおかしくないのに許してくれた袁紹騙して逃げ出しちゃうしなぁ。
 漢の皇室を大義にしすぎて、その他の人物から受けた恩を、何の迷いもなく
裏切ってしまうのは、ちょっと萎えるよ、やっぱり。
 今、荊州に逃げ込もうとしている所を読んでるんだけど、受け入れ反対派
の蔡冒の劉備評に、か〜なり同意してしまった。

59 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/08(火) 07:26
>董承たちを置いて脱出
玄徳の口車に乗せられた董承が、「なんと立派な
方じゃ」みたいなことを言いつつ玄徳を見送る場
面に涙。

60 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/08(火) 18:03
>>59
 そこは笑うところかと・・・。

61 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/10(木) 02:41
>>58
保身のために暗殺計画を曹操に密告しなかった
ところは買えるかも・・・>玄徳

20 :前スレ転載:01/12/19 01:56
62 名前:あ 投稿日:2001/05/10(木) 18:48
まだ読み始めたばかりだけど、
関羽が曹操の下を抜けて劉備に再会しようとする健気さが泣けました。
男と女じゃなく、男と男だから泣けたんだろうなー。

63 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/11(金) 18:51
ガイシュツシーンだが、関羽が曹操のもとを去ったときの
「恋ならぬ男と男の義恋!」ってフレーズが、イイ。

64 名前:ギレン@ザビ 投稿日:2001/05/11(金) 18:56
>>63
あえていおう!義恋であると!

65 名前:吉川三国志@4巻 投稿日:2001/05/16(水) 00:17
それじゃぁ定期アゲってことで。

66 名前:黄祖 投稿日:2001/05/17(木) 00:03
母に値千金の高価なお茶を買ってやる心優しき劉備。
「肩身の剣を失い、劉備は農民に成り下がったのか」とそれを躊躇いも無く投げ
捨てる気丈な母。
家族愛の中にも体面を重んじる中国的思想が入り混じる・・・。

67 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/18(金) 00:45
>66
ふと思ったけど、あの辺の話って、演義には無いよっちゃんオリジナルじゃろ。
「武士は食わねど……」という日本人的思想だったりするんじゃない?
中国人が読んだらどう思うのか、ちょっと興味あるな。

21 :前スレ転載:01/12/19 01:57
68 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2001/05/18(金) 01:46
張飛が呂布に対して「お前は糞族だ!」という場面。
最高に笑った!!
これってオリジナルかなぁ?

69 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/18(金) 18:19
典韋の仁王立ちに大泣き。
あと、関羽が殺されたあと、呉の使者に対して「関羽が帰ってくるなら云々」という劉備の台詞にも大泣き。
さらに劉備が死ぬときの「関羽、張飛、そこにいたか…」(うろおぼえだけど)に絞りかすになるまで涙を絞られた。

70 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/19(土) 17:04
鼻毛の伸びた劉備

71 名前:三田文学 投稿日:2001/05/19(土) 20:02
柴錬三国志はどう?

72 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/19(土) 20:19
>71 駄作。本人は自信あったようだが不人気だったことを何かで書いてた。

73 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/05/22(火) 00:44
自信作だったのか・・・

74 名前:安倍晴明 投稿日:2001/06/18(月) 01:31
左慈のくだりにはおもわず笑わずにはいられないよ。
400〜500の左慈が首のないまま一刻も踊ってるなんて・・・
見てぇ〜と思いませんでした

75 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/06/18(月) 06:57
糞袋なんだよな〜俺も
日々製造してるよ〜張飛将軍!!

22 :前スレ転載:01/12/19 01:57
76 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/06/28(木) 19:33
袁紹が何進に「四方の英雄に激を飛ばし万代の計を一挙に定めるべきです」
と言っているのを物陰で聞き、一人せせら笑う曹操の描写が超クール。

77 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/06/30(土) 00:45
「思いあがるを止めよ。碧眼の小児、紫髯の鼠輩。
 まず聞け、真の将のことばを」
関羽の最期のセリフが好き!

78 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/06/30(土) 00:53
吉川三国志の張飛の序盤の失態続きは、なんか田中真紀子を連想させる(w
劉備は小泉っぽい(徳の人。意外にしたたか)
手元に2巻があって、今読んでるが、袁紹ってやなやつだな
袁術も小物だし、なんか吉川は恨みでもあるんか
あと、紀霊って意外と強いんじゃないか?

79 名前:正夢 投稿日:2001/07/01(日) 01:40
曹操と一緒に陳留に逃げて、檄文の作成までしてくれた陳宮はいつ逃げたの?
袁紹に兵糧を止められて華雄に負けた孫堅はどうして袁術を怒ったの?

80 名前:あ 投稿日:2001/07/03(火) 14:37
袁紹って、何進を説得してる頃は熱血正義感野郎に見えたのに。
なんか、あとは部下を信じてやることができれば、いい人だったかなーって。

23 :前スレ転載:01/12/19 01:58
81 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/03(火) 16:59
 関羽が死んで、前・三国志が終わる辺りまで読み終わったけど、
北の袁一族潰した後の魏って弱すぎる…。合肥で張遼が孫権を
追い払った以外は負け戦の連続。
 曹操も赤壁以降も馬超に追われるわ、漢中で死にかけるわで、散々。
漢中の戦いなんて、魏蜀共に呉への抑え部隊(張遼、曹仁、関羽)を
除けば、オールスター総出なのに、全く歯が立たない。
 正史読んでないけど、史実では、もちっと強かったのかな?

82 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/03(火) 18:14
曹操が何か悪いことする度に作者がフォローしてる感があって
吉川英治の曹操に対する愛情を感じる。

83 名前:あ 投稿日:2001/07/05(木) 02:47
>>82
自分も、曹操が死んじゃう所まで読みましたが、
結局、この独裁者は何だったのか…と思ってしまいます。
この人によって、一体どれだけの人間が殺されたか知れないのに、
大量殺戮の後には大抵、「いい部分もあったんだよ」みたいな小話が後に入ってくるとゆー。
狩りの場で、劉備が関羽を止めず、曹操を殺していれば…
皇帝に頼まれた馬騰達が暗殺だったかに成功していれば…
「反逆バレて三族皆殺し」みたいな辺り、自分としては読むに耐えませんでした。

84 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 03:53
はじめの段階で劉備が苦労して茶を手に入れると
茶の高価さ、希少さを特に感じてしまって
茶を入れて飲もうか・・・と思う俺。

24 :前スレ転載:01/12/19 01:59
85 名前:ななし 投稿日:2001/07/05(木) 22:11
>>83
本来は馬騰暗殺うんぬんは三国志演義のフィクションで、
召し出された馬騰父子は皇帝につかえたが、残った馬超が
何を考えたか謀反を起こし、そのために連座して馬騰たちが
殺されたというのが本当ですから。

86 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 22:23
そもそも何も悪政を行っていない(むしろ善政というか確実に善政)曹操が
ああまで敵役にされる理由がわからん。(物語中で)
劉備なんか何もやってないのに何故、善玉に?

87 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 22:25
>>85
演義における、魏の悪役化、後漢&蜀漢の善玉化は、
ちょっと酷すぎるくらいですよね。
馬超なんて、個人的には呂布と同等程度だと思うのですけど。

88 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 22:30
>>86
三国志演義が出来上がっていった過程に理由があります。
よく異民族に中原を支配され、江南に追いやられていた漢民族としては、
蜀漢の境遇は同情&感情移入しやすいものだったのでしょう。

25 :前スレ転載:01/12/19 02:00
90 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 23:04
中国でも曹操は嫌われてる。
芝居で劉備が曹操に負ける場面になると泣き出す子供までいるとか。
なんで曹操って嫌われてんでしょう。いろんな本を読めば読むほど
ものすごく人間味のある、面白そうな人なんだけど。
少なくとも浮世ばなれしてる諸葛亮よりは当時の庶民に
人気あったんじゃない?
91 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 23:23
中国で人気あるのは、
一に張飛で、二に諸葛亮なんですかねぇ?

92 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/05(木) 23:25
>>90
曹操は国を奪った悪人扱いで、それが定着してしまったのでは?
個人的には、三国で一番魅力的な人物だと思います。
94 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/06(金) 00:10
>>80
手元にある演義の訳本を見ると
「あいつには兵糧を送らない方がいいですぜ」と
小人に余計な事を吹き込まれているのは袁術だから、
英ちゃんの勘違いという事で、ここはやはりツッコミ所というわけですな。
そうでなければ、袁術としては孫堅に詰め寄られたら、とりあえず
「そ、それは、兄上が……」と言い訳するのが筋だと思うぞ。(笑

26 :前スレ転載:01/12/19 02:01
97 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/06(金) 02:34
>>82
 う〜ん、どうなんだろうなぁ。
劉備が死ぬ辺りまで読んだけど、吉川三国志では、曹操にカリスマや
魅力は、さっぱり感じなかったなぁ。
 つ〜のも、正直戦さに弱すぎ > 魏 いくら吉川三国志が演義準拠
で劉備びいきにしても。
 振り返ってみると、快勝したのは袁一族相手の時だけで、あとは負け戦
ばっかりみたいなイメージしか残らなかった。呂布にしろ、馬超にしろ自爆
みたいな負け方だから、曹操強し ! みたいな印象にはならないし。
 赤壁の大敗はともかく、馬超に苦戦したり、漢中攻防戦の放棄、再度の
呉攻めの挫折とか読むと、何やッとんじゃみたいな気分になってしまった。
99 名前:あ 投稿日:2001/07/06(金) 02:49
>>85
そっかー。演義のフィクションかー。
しかし、史実云々はともかく、今は吉川三国志を一つの物語として読んでるわけなので、
虐殺シーンはやはり気分良くないですなー。
でも、農地に落馬して軍律を自ら乱したからとか言って潔く自害しようとしたり、
窮地を部下に助けられては反省し涙してみたり、
悪人なんだか何なんだかハッキリしない人物像になってますね。
でも、漢皇帝の側から見たら、やはり冷徹な下克上野郎かな。皇帝かわいそうでしたね。

100 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/06(金) 03:57
>>90
でも一応中国でも「英雄」の枠に入れられてるわけですから。
劉禅は入ってないよ

27 :前スレ転載:01/12/19 02:01
100 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/06(金) 03:57
>>90
でも一応中国でも「英雄」の枠に入れられてるわけですから。
劉禅は入ってないよ。

101 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2001/07/06(金) 04:34
諸葛亮は当時も民に好かれてたってことになってるんじゃないの?
演義じゃなくてもさ。少なくとも、嫌われてはなかったのでは? 。
103 名前:かくか 投稿日:2001/07/06(金) 11:18
孔明はそこそこ受け入れられたと思う〜 よそものなのに
しょくの政治関係を自分にまかせられてたよ〜だし(丞相やしw)

104 名前:あ 投稿日:2001/07/06(金) 11:22
一般には、演義が基準になっちゃってるのかな?
現実にいた人達を「キャラクター」としていじくっちゃうのって、
死者の冒涜って感じがするけどなぁ〜。
本場の中国ではどうなってるんだろう。

28 :前スレ転載:01/12/19 02:03
>>9-27

連続投稿ごめんなさい。
今まで読んできた「三国志」の中で一番好きな作品なので、
思い入れの余りつい…

29 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/19 03:30
北方三国志はどうなのですか?

30 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/19 03:36
>>28
アンタ思い入れ強すぎ!

31 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/19 04:37
>29
スレッドありますよ。

『北方三国志について語ろう。』
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1003229239/

32 :29:01/12/19 07:51
>31
ありがとさん。

33 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/21 18:07
age

34 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/22 00:35
蒼天は三国志の人物の名を借りた、別物。

吉川三国志は、演義準拠といえども秀逸!
これに始まりこれに終る。

北方も三好も陳もこれで育った。

まさに日本三国志協会の殿堂入り書物といえる。

以上

35 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/22 01:00
「ああ。快なり」
「汗顔、汗顔」

こういう独特の味ある表現にあふれていたよな。

36 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/22 02:29
<35
やっぱり、「是非もない」でしょう。

37 :111:01/12/22 02:59
111

38 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/22 03:22
カン沢「あははは、小心なる丞相かな。この首を所望なら、いつでも献上しようものを、
さりとは、仰山至極。」
曹操「無駄だ。巧言を止めろ、我も幼少から兵書を読み、孫子呉子の神髄を書に
捜(さぐ)っている。別人ならば知らぬこと、この曹操がいかで汝や黄蓋ごとき
者の企てに乗ろうぞ」

…かっこいいやりとりだ…

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)